« 米国小売の最繁忙日はデジタルへ | メイン | ペイパルがOLショップ国際サービス »

2017年10月 3日 (火)

カードデータで街を再発見

カード利用データから利用者の購買パターンと行動を読み取り、それをマップに落とし込むと、街の状況がはっきりとわかる。そんなプロジェクトを推進しているのは、スペインに本拠を構えるBBVAの調査機関BBVA Data & Analytics。

 

活用したのはマドリッド、バルセロナ、メキシコシティで1年間に利用されたカードデータ4億1,300万件。観光客が多い地区、居住区、若年層がショッピングするエリアなどを色分けできる。

 

開発は地図作成会社のカルト(Carto)と協業。アーバンディスカバリー(Urban Discovery)と呼ばれるソフトで、ディスプレイ上のマップに、カード利用状況をマッピングできる。

 

居住者と観光客は、どのような動線で購入するか。3時間の間に、同じ人物が連続購入するのはどこか。という考察も可能だ。

 

Bbvamap1

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34084766

カードデータで街を再発見を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart