« 英国でFTユニコーン誕生 | メイン | M送金でVenmoと競うBoA »

2017年10月22日 (日)

アマゾンとアップルに気をつけろ

ロンドンを本拠にグローバル展開する金融コングロマリット、バークレイズのジェス・ステイリー(Jes Staley)CEOは、ワシントンで開かれた国際金融研究所の年次総会で、IT企業の脅威について語った。

 

「すべての銀行は決済領域に重点を置いている。このスペースは今後15年間にわたり、戦いの場になるだろう」と。

 

その戦いの相手とは、アマゾンやアップルなどのIT企業。テクノロジーと地政学的環境の変化によって、金融業界に地殻変動が起きているという。

 

特にアマゾンは売り場と顧客の両方を有するグローバル企業。膨大な顧客の購買データと、セラーの販売データを保有している。

 

これを活用すれば、決済だけでなく、融資、投資、保険など、さまざまな金融サービスを提供できる。それが、金融機関にとっての大きな脅威になっているのである。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34088136

アマゾンとアップルに気をつけろを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart