« Samsung Payインドで250万利用者 | メイン | 米国会計ソフトが融資ビジネスへ »

2017年11月13日 (月)

Messenger決済が英国上陸

フェイスブックのMessenger決済は、現在米国のみの利用となっているが、次の展開国として英国を選んだ。英国にはモバイルに精通した利用者が多いからである。

 

Messenger決済が米国でスタートしたのは2015年。友達とチャットしながら送金できることから、広く使われている。1回あたりの送金額は50ドル以下だという。

 

英国では2014年にスタートしたモバイル送金決済のPaym(ペイエム)がある。現在登録者数は400万人。スタートから今までの3年半に送金された額は4億ポンド、約600億円しかない。

 

米国のVenmoは2017年第3四半期だけで90億ドル、約1兆円を超えている。PaymとVenmoの違いはチャットの有無と、顧客との直接関係。Paymは英国の銀行アプリの中で使われるため、顧客にブランドがリーチしていない。

 

何はともあれ、Messenger決済の上陸で英国のモバイル決済風景が変わるかもしれない。会話の中から送金が生まれ、会話の間に決済が走る。Messenger決済の利用料は無料である。

Messenger

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34091847

Messenger決済が英国上陸を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart