« シンガポールが統一QR決済へ | メイン | Android Payの新展開国 »

2017年11月26日 (日)

ゴールド口座で決済

英国フィンテックのグリント(Glint)が、ゴールドをベースにした当座預金口座とデビットカードをスタートした。ゴールドを購入し、それをショッピングに使うこともできる。

 

グリントは2015年創業で、本社はロンドン。多通貨口座を提供し、両替や送金サービスを提供している。これまで2回のラウンドで610万ポンドを調達している。

 

多通貨口座と両替機能を使って、ゴールド口座を開発した。ゴールドはスイスの金庫に保管される。ゴールドで決済する場合、その時点のゴールド価格を適用し、口座のゴールドから利用分を即座に引落とす(デビッティング)。

 

なぜゴールド決済か。海外ショッピングや海外旅行するとき、ゴールドの価値は安定しているからである。ブリグジットが決まった2016年からポンドは下落。80年間で最低の水準となっている。

 

利用できるのは英国と欧州。今後はアジアや米国での展開も視野に入れている。

Goldbullionssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34094073

ゴールド口座で決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart