« ノルウェーの銀行が統一モバイル決済 | メイン | Airbnbが割り勘スタート »

2017年11月29日 (水)

ペイパルで商品販売

PayPal利用者(売り手)は、いらなくなった商品を販売できるようになった。フェイスブックのMessengerのチャット機能を使う。

 

売り手はチャット拡張でPayPalを選択し、商品名やコンディション、数量、販売希望額を入力。

 

チャット中にそれを見たPayPal利用者(買い手)が手を上げれば、請求書を即時送付。買い手は請求書のPayPal購入ボタン(Pay with PayPal)をタップすると取引が完了する。

 

すべてチャット内で完結するから便利だ。PayPalはMessengerで個人間送金やチャットボットサービスをスタートしている。

File

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34094157

ペイパルで商品販売を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart