« 欧州即時送金ライブへ | メイン | ペイパルが少額投資 »

2017年11月23日 (木)

ペイパルがクレジット債権売却

ペイパルが米国の消費者やマーチャントを対象に融資していたポートフォリオをシンクロニー(Synchrony Financial)に売却することになった。クレジット債権額は69億ドル。ディールは2018年第3四半期に完結する予定だ。

 

ペイパルは決済会社から総合金融サービス会社への変革を推進している。今回の提携はその一環。シンクロニーにクレジットを任せ、消費者向けのクレジットとともに、マーチャント融資も加速する。

 

自社でクレジット債権を持つと、バランスシートが重くなるという問題も解決する。シンクロニーに売却することで、保有現金を増やし、核となる事業への投資に向けようという目論見だ。

 

ペイパルとシンクロニーは2004年から提携関係にある。ペイパルのクレジットカードはシンクロニーの発行だ。

Paypalssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34093955

ペイパルがクレジット債権売却を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart