« ウォルマート訴訟決着 | メイン | Samsung Payインドで250万利用者 »

2017年11月11日 (土)

Visa欧州でRT決済推進の理由

欧州決済協議会はEU圏内でのリアルタイム送金サービス(SEPA Instant Credit Transfer:ICT)を11月にスタート。欧州全域の銀行口座送金がモバイルやオンラインで簡単にできるようになる。

 

これによって欧州の銀行は、VisaやMastercardなど国際ブランドネットワークを介さないリアルタイム決済が可能になる。

 

これに危機感を覚えたVisaはリアルタイム決済プラットフォームを構築。ICTに対抗する体制を整えた。P2P、B2C、B2Bの送金決済が可能になる。

 

欧州で展開するにあたり、Visaはワールドペイと提携。マーチャントが消費者にリアルタイム決済ができる機能を装備する。とともに、銀行やマーチャントがこのサービスを簡単に実装できるよう、APIを公開する。

 

さらに、欧州Visaはカード発行会社に対し、2018年10月までに、リアルタイム決済を可能にするよう要請した。

Visss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34091633

Visa欧州でRT決済推進の理由を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart