« Mastercardの影武者 | メイン | ウェアラブルを非接触決済にするSol »

2017年12月24日 (日)

中国フィンテックIPOで投資家火傷

2017年米国市場へ新規上場した中国フィンテックが低迷している。ウォールストリートジャーナルによると、2017年に16社が上場しているが、10社がIPO価格を下回っている。

 

これら中国企業が2017年に米国で株式を公開し調達した総額は、37億ドル。これは米国IPO資金調達額の約8%に相当する。

 

最悪の事態に陥っているのは、融資フィンテックの趣店集団(Qudian Inc.)。2014年3月創業で、2017年10月にIPOを果たした。その際、9億ドルを調達し、米国の大型IPOとして話題となったが、株価は46%も下落している。

 

株価が下落した中国フィンテックの多くは融資フィンテックだ。中国当局の上限金利規制の影響が大きい。融資フィンテックの中には上限金利36%を超える金利を課しているところがある。これらの企業は適切な開示を怠っているのではないか、という問題点も指摘されはじめた。

Ipo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34098246

中国フィンテックIPOで投資家火傷を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart