« スムース後払い好調 | メイン | 野望という名のフィンテック銀行50億円調達 »

2017年12月19日 (火)

ペイパルが投資したフィンテック

不正防止のリスクマネジメントがAIによって進化している。かつてはバッチで不正を防止していたが、今ではリアルタイムが主流だ。

 

ペイパルは不正防止に強いフィンテックのシミリティ(Simility)へ投資した。リードしたのはアクセル(Accel)。ペイパルは戦略投資家としての投資になる。

 

シミリティは2014年5月1日の創業で、本社はパルアルト。今回の投資を含め、4回のラウンドで2,470万ドルを調達している。

 

シミリティは機械学習などを駆使し、申し込み不正や口座乗っ取り、不正送金、不正小切手スキャニングなどのソリューションを提供している。導入はシミリティのAPIで簡単だ。

 

顧客は銀行のほか、Eコマース、求人広告、決済サービス会社など。デジタルバンキングのケースでは不正を70%削減したという実績もある。

Simissssss_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34097425

ペイパルが投資したフィンテックを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart