« Echo対Google Home | メイン | SMサタデーに1億人強 »

2017年12月 3日 (日)

米国人のクレジット依存度が危険水域に

米国製の映画には、失業や離婚後に備えがないため、請求書が払えなくなるというシーンがよく出てくる。1,000ドル(約10万円)以下の預金しかない。そういう米国人が57%もいるのだ。

 

預金ではなく、運用商品に現金を回しているという人もいるだろう。しかし多くの人は、所得が生活費に追いつかず、貯蓄に回せない状況にある。

 

そういう人たちの緊急手段はクレジットカードだ。トランスユニオンのデータによると、1億9,600万人がリボルビング払いのクレジットカードを保有している。

 

そのうち、1億4,350万人のリボルビング残高は、前年比7%もアップしている。景気拡大に信用創造は必要だが、過度な残高上昇は危険だ。

Wondering

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34095247

米国人のクレジット依存度が危険水域にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart