« LG Pay米国で開始 | メイン | アマゾン2017年売上は米国小売の4% »

2018年1月15日 (月)

本格的ウォレットカードついに始動

今から4年前、1枚のカードに複数のクレジットカードやデビットカードを格納できるウォレットカードが話題になった。

 

CoinやPlastc、Stratos、Swypなどがクラウドファンディングで資金を調達し、夢のようなカード製造にチャレンジした。しかし、それらはほんとうに夢で終わってしまった。

 

執念深くチャレンジしつづけたのがダイナミクス(Dymanics)である。2018年1月にラスベガスで開催された総合家電ショー(CES)で発表したウォレットカード(Wallet Card)は、ベスト革新賞を受賞した。

 

格納したカードは磁気、IC、非接触のいずれにも対応。ウォレットカードにはパネルと選択ボタンがついているので、格納したカードを簡単に選んで使える。

 

選択したカードにあわせて、磁気情報やIC情報を瞬時に書き換えるという画期的なウォレットだ。

 

Dynamicswalletcardbanknamebluecredi

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34101211

本格的ウォレットカードついに始動を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart