« スタバがモバイル注文決済を開放 | メイン | WeChatが中国IDに統合 »

2018年2月10日 (土)

インドのフードアプリ200億円調達

インドのスタートアップ投資は過熱気味だ。フードアプリのゾマト(Zomato Media Pvt. Ltd)は、2億ドルの資金を調達。時価総額は11億ドルとなり、見事ユニコーンクラブ入りをはたした。

 

投資したのはAlipayを運用するアントフィナンシャル。IPOを控え、トップラインを上げられる会社への投資を加速している。

 

ゾマトは2008年7月の創業で、本拠はインドのグルガオン。今回を含め10回のラウンドで、4億4,380万ドルを調達している。

 

ゾマトはレストラン検索や、フードデリバリーのアプリ運営会社。インドだけでなく、米国、英国、ニュージーランド、オーストラリア、トルコ、スロバキア、UEA、カナダ、インドネシア、フィリピンなど23カ国で展開している。

 

多くの国で営業しているのもアントフィナンシャルにとっては魅力だ。これらのレストランやカフェでの決済をAlipayに拡大できる。

Zomatoapp

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34105178

インドのフードアプリ200億円調達を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart