« Eコマース不正ゼロに強力Bolt | メイン | Amexが買収した会社 »

2018年2月 6日 (火)

Apple Pay全米小売の1/2に

Apple Payがスタートした2014年。米国でApple Payを受け付けるマーチャントはわずか3%だった。

 

Apple PayはNFC非接触決済。マーチャントは非接触決済を受付ける端末が必要だ。導入にはコストがかかる。

 

スタートして3年。2017年末にはApple Pay受付マーチャントが50%になった。

 

Apple Payの決済スピードの速さやカッコ良さがマーチャントの意識を変えた。コストがかかっても積極導入したいと考えるマーチャントが増えたのである。

Apple_pay50

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34104292

Apple Pay全米小売の1/2にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart