« Amexが買収した会社 | メイン | スタバがモバイル注文決済を開放 »

2018年2月 8日 (木)

アリのIPO に向けてババが動いた

アリババグループはアントフィナンシャルの株式のうち33%を購入する。アントフィナンシャルのIPOに向けての整備の一環とみられている。

 

アントフィナンシャルのIPOは、当初2017年といわれていたが、2018年初頭にずれ、2018年中には、と遅れている。

 

IPOに備え、米国のマネーグラム買収で、売上基盤を盤石にしておきたかったのだが、米国政府に拒否されてしまった。

 

アントフィナンシャルはアリババに2017年度のロイヤルティ料と技術料として3億3,200万ドルを払っている。前年対比86%増である。

 

アントフィナンシャルが上場すれば、アリババの時価総額がアップする。株式の一部を売却して次の投資先へ回すという計画も立てているのかもしれない。

Antfinancialbaba

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34104619

アリのIPO に向けてババが動いたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart