« ウォルマートがVR買収 | メイン | ペイパルが多機能決済端末発表 »

2018年2月14日 (水)

Mastercardが非接触決済を義務化

Mastercardは今後5年以内に「Tap & Go」の非接触決済を標準にすると発表した。カードもカード受付端末も非接触決済対応が必要となる。キャッシュレスの推進に最も有効な手段は非接触決済である。現金取引より数倍スピードがはやい。

 

Mastercardによると、現在非接触決済をつけつける拠点数は111カ国で800万件。リアル店舗での決済における非接触取引は15%を占めている。2017年、アジアパシフィックの非接触決済件数は前年比35%伸びた。

 

Mastercardは非接触決済のロードマップを次のように定めている。2018年10月以降に新規設置する端末はICカードと非接触の両方を兼ね備えたものであること。2019年4月以降は、新規発行カードをICと非接触機能を搭載すること。2023年4月までに、すべての端末をICと非接触対応にすること。

 

日本では2020年までのICカード対応が義務づけられているが、世界はさらにその先の非接触決済を目標にしている。日本のスピードは世界より相当遅れている。

Mccontactless

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34105457

Mastercardが非接触決済を義務化を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart