« INGが決済代行買収 | メイン | Eコマース不正ゼロに強力Bolt »

2018年2月 4日 (日)

良貨は悪貨を駆逐する

仮想通貨の大量ハッキングで、クリプトカレンシーの信頼が急落している今日この頃。中国の中央銀行では、電子通貨の発行へ向けての検討が進んでいる。

 

こう書き出すと、えっ、国家がビットコインやネムのようなものを発行するの?と勘違いしてしまう。国家が電子通貨を発行するのだから、ビットコインなどのオルトコインも安全だなどと、勝手に解釈して投資を加速する人も出る。

 

中国中央銀行が考えている中央銀行電子通貨(Central Bank Digital Currency:CBDC)は、第3者が採掘できる代物ではない。ブロックチェーン技術、分散トークンも使わない。

 

匿名性もなく、中央銀行がモニタリングできる透明性の高いものである。リアルの通貨発行にはコストがかかり、偽造通貨が横行する。CBDCでコストを削減し、不正を防止するのが目的だ。良貨で悪貨を駆逐しようとしている。

Cbdc

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34104147

良貨は悪貨を駆逐するを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart