« 銀行がマネロン推進 | メイン | 子供銀行アプリはゲーム感覚で »

2018年2月26日 (月)

オープンバンキングで激変する英国

欧州で決済サービス指令PSD2がこの1月に施行された。決済データの安全性を高める指令だが、狙いはオープンバンキング。銀行に対してAPIを公開させ、健全な競争環境を作ることである。

 

英国ではそれに先立つ2016年から、銀行に対しデータや決済機能のAPIを公開するように要請している。その結果80社を超える金融サービス提供者がFCA(金融監督機構)の承認を申請した。

 

その1社、オープンワークス(Openwrks)は、現在APIを公開しているすべての銀行と接続した英国初のサービス提供者となった。オープンワークスはB2Bのビジネスモデル。顧客の銀行口座にアクセスし、リアルタイムの金融データを取得できるAPIを提供している。

 

P2P融資のゾーパ(Zopa)はトゥルーレイヤー(TrueLayer)のサービスを使うことによって、所得証明書をアップロードせずに所得を確認できるようになった。トゥルーレイヤーは、顧客の銀行口座から本人確認データ、残高、取引履歴にアクセスできるAPIを提供している。

金融サービスの新時代が到来した。サービスプロバイダーにとっては数百年に一度のチャンスである。

Openbanking

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34108263

オープンバンキングで激変する英国を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart