« フリーランスが増える | メイン | アント時価総額1,000億ドルに »

2018年2月17日 (土)

マイニング電力が住民利用を超える

ビットコインのマイニング電力が、2018年末にはアイスランドの住民が消費する電力量を超えるという、とんでもない事態に発展している。

 

アイスランドは人口34万人。電力は地熱や水力、風力などの再生可能エネルギーでまかなわれている。

 

アイスランドはビットコインなど仮想通貨のハブとして、マイニング業者を呼び込んでいた。今年のマイニング電力消費量はアイスランドの家庭に必要な700GWを超えると予測されている。

 

仮想通貨は分散処理で、大容量のコンピュータは不要、という触れ込みではなかったのか。それが環境破壊に繋がる可能性も出てきた。

 

まだほんの少しの仮想通貨しか発行されていないが、全世界でブロックチェーンを使った仮想通貨が主流になれば、電力パニックになるかもしれない。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34106955

マイニング電力が住民利用を超えるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart