« オープンバンキングで激変する英国 | メイン | 子供用デビットカードが16億円調達 »

2018年2月27日 (火)

子供銀行アプリはゲーム感覚で

子供たちにお金の教育をしよう、と3人の父親が話し合ってできたモバイルバンキングがスタートした。デンマークのアーニット(Ernit)である。

 

ゲーム感覚で貯蓄や支払いができるのが特徴。ユーザーインタフェースにはサウンドやアニメーションを活用している。

 

アプリ上のお金は実際のお金をイラスト化したもの。硬貨を積み上げたり、可愛がったり、並べ替えたりできる。お金を数値ではなく、仮想物質として表現することにより、子供たちの理解が深まると考えた。

 

銀行業務はSpar Nordが提供する。アーニットは顧客窓口という役割。子供の口座と親の口座をリンクして、親が子供にアドバイスする。

Ernitapp

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34108274

子供銀行アプリはゲーム感覚でを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart