« フリーランスを狙うデジタルバンク | メイン | ドイツでキャッシュレス前進 »

2018年2月23日 (金)

不正多発の銀行送金

米国の大手銀行が構築したモバイル送金サービスのZelleで、不正が多発している。多くの利用者が数百ドルから数千ドルをだまし取られているようだ。

 

例えば、知らない人からチケットの購入代金を支払うように請求され、それを支払ってしまったというように。Zelleは銀行サービスということもあって、利用者はつい信用して支払ってしまう。

 

銀行口座に送金されるのだから、詐欺をしてもすぐ捕まると思ったら大間違い。詐欺師たちは、他人名義で口座を開設し、行方をくらましてしまう。

 

Zelleの競合であるVenmoでは、このような不正は起きていない。それはチャット機能で、相手を確認しながら送金できるからである。

 

Zelleには送金機能はあっても、相手とのコミュニケーション手段がない。そこを詐欺師につかれた。

Zellssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34107828

不正多発の銀行送金を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart