« ドイツでキャッシュレス前進 | メイン | オープンバンキングで激変する英国 »

2018年2月25日 (日)

銀行がマネロン推進

米国財務省は2月13日、ラトビアの銀行ABLVがマネーロンダリングの疑いがある外国銀行、であると発表した。銀行が組織的にマネーロンダリングを推進し、規制当局の執行を妨害している。

 

マネーロンダリングには、国連指定企業との取引も含まれており、その中には北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの調達や輸出に関与しているという。

 

さらに、ABLVは賄賂などの腐敗取引を推奨し、架空企業口座を通じて、数十億ドルの公的不正取引から収入を得ているようだ。

 

結果、米国当局は、ABLVに対しパトリオット法の第311項を適用。米国内の金融機関に対し、マネーロンダリングの疑いがある取引を精査するよう要請した。

Ablvsssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34107983

銀行がマネロン推進を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart