« Mastercardが非接触決済を義務化 | メイン | フリーランスが増える »

2018年2月15日 (木)

ペイパルが多機能決済端末発表

PayPal Hereと聞いて、懐かしいと感じる人は決済業界に精通している人であろう。しばらくこの名前を聞かなかったが、復活したようだ。

 

PayPal Hereはモバイル決済ソリューション。スマートフォンやタブレットと連動する決済端末で、スモールビジネスマーチャント向けのソリューションである。

 

ペイパルが2月7日に発表したのは、カードリーダ2機種。ひとつは磁気カードとICカード対応端末。もうひとつはICカードと非接触決済対応端末である。価格はそれぞれ24.99ドルと59.99ドル。

 

非接触決済端末では、Apple PayやGoogle Pay、Samsung Payも受け付けられる。決済手数料は2.7%。

 

オンライン決済では支持率の高いPayPalだが、リアル店舗での存在感はまだ弱い。一時スクエアと競っていた時期があるが、スクエアに先をこされてしまった。eBayとの契約をオランダのAdyenに取られ株価が急落したが、リアル店舗を拡大し、巻き返しを狙う。

Payssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34105461

ペイパルが多機能決済端末発表を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart