« WeChatが中国IDに統合 | メイン | ウォルマートがVR買収 »

2018年2月12日 (月)

Uコマースの時代へ

IoT時代の小売業界はオンラインショップとリアル店舗を融合したコマースが一般的になる。O2Oやオムニチャネルというバズワードが一時はやったが、いまはUコマースというらしい。

 

Uコマースとは、ユニファイドコマースの略称。IoTですべてのチャネルを統合し、データ活用にもとづいたパーソナルな体験を提供するコマースである。

 

ボストンリテールパートナーズ(BRP)の調査によると、全米大手小売500社のうち、28%がすでにUコマースを導入しているという。

 

2017年は9%だったから、急速に導入が進んでいる。2020年までには、81%が導入すると予測した。

 

マーチャントが消費者を惹きつけるためには、IoTとデータ活用を組み込んだビジネスモデルに変革しなければならない。

Ucommerce

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34105195

Uコマースの時代へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart