« インドのフードアプリ200億円調達 | メイン | Uコマースの時代へ »

2018年2月11日 (日)

WeChatが中国IDに統合

中国でチャットアプリといえば、WeChat。現在9億人を超える日次稼働利用者がいる。毎日WeChatで飛び交うメッセージ数は380億件になるというからすごい。

 

WeChatは2011年サービス開始以来、中国政府と緊密な関係にある。中国政府から助成金を受けているのだ。その関係から、政府職員はユーザーの会話を検閲・監視している。

 

中国でWeChatがメッセージアプリを独占しているのは、政府の支援を受けているからである。2009年にFacebookを締め出し、2015年には韓国のLineをブロック、2017年にはWhatsAppを禁止している。

 

そのWeChatが、さらに政府の大きな役割を担おうとしている。中国政府の電子IDシステムとWeChatを統合するという計画が進行中だ。

 

中国各地で発行しているIDカードの代わりに、WeChatはバーチャルIDカードを発行する。すでにWeChatは本人登録を義務づけているため、物理的なIDカードの代用として使える。

Wechatid

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34105188

WeChatが中国IDに統合を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart