« Amexデジタルチャネルで新規客獲得 | メイン | グーグルのアマゾン対抗策 »

2018年3月25日 (日)

米国で融資10億ドル最速達成

フィンテック融資で、融資総額10億ドルというのはひとつのマイルストーンである。そう簡単に達成できるものではない。

 

P2P融資のプロスパーは10億ドル達成に98カ月(8年強)かかった。レンディングクラブは65カ月(5年強)かかっている。

 

法人融資のアバントはロットが大きいため28カ月で到達した。学生ローンのソーファイは14カ月と早かった。

 

それを追い抜いたのがマーカス(Marcus)で、わずか8カ月で達成した。マーカスはゴールドマンサックスが2016年10月に立ち上げた融資プラットフォーム。2017年末には20億ドルになっている。個人を対象とした融資だが、ロットの大きいものが対象。つまりおまとめローンが中心になっている。

Marcushp1803

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34112372

米国で融資10億ドル最速達成を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart