« ダークウェブの個人情報価格 | メイン | チェイスがペイパルと提携強化 »

2018年3月17日 (土)

アマゾン銀行5年で7000万口座?

という予測を立てたのはBain and Co,である。もしアマゾンが銀行を設立したら、という仮説に基づいて推測した口座数だ。

 

5年で7,000万口座というのはすごい。これは米国第3位のウェルズファーゴと同規模になる。

 

アマゾンが普通預金口座のような商品の開発に向け、チェイスやキャピタルワンなどと協議しているという噂から、Bain and Co,が予測した。

 

前提として、アマゾンが顧客の半数と金融取引関係を強化すると予測。Bain and Co,が実施した最近の調査では、回答者の半数が、5年以内にアマゾンのようなIT巨人から金融サービスを受けたいと思っていることがわかった。

アマゾンが銀行口座をもつようになれば、個人融資や保険、投資なども扱うようになるはずだ。金融機関にとって、大きな脅威となる。

Amazonbank

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34111339

アマゾン銀行5年で7000万口座?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart