« オープンBKingでGDP押上げ | メイン | Go-Jekが15億ドル調達 »

2018年3月 2日 (金)

ANZがオープンBkingフィンテック投資

ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)は、オープンバンキングに備え、個人データ管理のスタートアップへ投資した。データリパブリック(Data Republic)である。

 

データリパブリックは2014年創業で、本拠はシドニー。これまで2回のラウンドで1,050万オーストラリアドルを調達している。

 

オーストラリアも、英国や欧州同様、オープンバンキングの法制度化に向けて準備を進めている。それに備え、個人データのシェアリングを管理するデータリパブリックへ出資した。

 

データリパブリックへは、NABやウェストパックの投資会社も出資。すでに300社強の金融機関や政府、スタートアップが参加している。

Datarepublic

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34108952

ANZがオープンBkingフィンテック投資を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart