« 子供用デビットカードが16億円調達 | メイン | ANZがオープンBkingフィンテック投資 »

2018年3月 1日 (木)

オープンBKingでGDP押上げ

英国経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)は、英国のオープンバンキング導入効果を測定した。オープンバンキングとは、銀行ネットワークをフィンテックなどのサードパーティに開放することである。

 

CEBRによると、オープンバンキングは英国経済に年間10億ポンド(約1,500億円)の押上げ効果があり、17,000人の雇用を生み出すと予測した。

 

例えば住宅ローンの契約時、個人のクレジットリスクがオープンバンキングで今までより明確になり、ローン金利に対する下げ圧力が強まる。

 

住宅ローンのリスクスプレッドが1%低くなると、GDPは1億5,300万ポンド増加するとCEBRのアナリストは試算した。オープンバンキングによって、このリスクスプレッドは7%減少するとみている。

Obkinggdpup

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34108945

オープンBKingでGDP押上げを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart