« バージンがデジタル銀行設立 | メイン | カナダ政府オープンバンキング検証 »

2018年3月 6日 (火)

PayPalが独自インストア決済終了

2012年、ペイパルはオンラインからリアル世界での決済をめざし、独自インストア決済をスタートした。PayPal口座と連動する電話番号とPIN、あるいは決済コードをレジ端末に打ち込むサービスだった。

 

利用できる店舗は、ホームデポやトイザらス、オフィスデポなど。このサービスを3月31日で終了する。

 

といっても、インストア決済をやめるわけではない。2012年当時の限られた技術でのサービスだったため、モバイル時代にふさわしい決済に切り替えるためである。

 

ペイパルのモバイル決済比率は年々高まり、総取扱高の4割弱になっている。現在モバイル決済ではPayPalウォレットを提供しているが、これをさらに進化させる計画だ。

 

古いサービスにこだわっていては、勝ち残れない。それだけ技術の進歩は早い。

Paypalmobile1803

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34109238

PayPalが独自インストア決済終了を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart