« アファームがインストア決済開始 | メイン | 航空業界もPSD2で独自決済 »

2018年3月28日 (水)

ベネズエラ仮想通貨で米ロ対決

2017年12月、ベネズエラ政府は石油と交換できる仮想通貨Petro(ペトロ)を発行すると発表。2018年2月には、機関投資家向けにペトロの前売りを実施した。

 

これに対し、トランプ大統領は、米国民がベネズエラ政府発行仮想通貨の取引を禁止する大統領令に署名した。

 

ベネズエラは米国だけでなくEUの経済制裁対象国。経済制裁をかいくぐるために仮想通貨の発行を企てていたベネズエラ政府は、行く手を阻まれることになった。

 

ところが、米国の仮想通貨取引禁止に対し、ロシアはPetro擁護にまわった。というのは、この仮想通貨プロジェクトはベネズエラとロシア当局の共同プロジェクトなのである。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34112737

ベネズエラ仮想通貨で米ロ対決を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart