« チェックアウトレーンは過去の遺物 | メイン | アマゾン銀行5年で7000万口座? »

2018年3月16日 (金)

ダークウェブの個人情報価格

英国のVPN比較サイトを運営するTOP10VPNは、ダークウェブで売買されている個人情報の価格指標を発表した。ダークウェブといえば、コインチェックから盗んだネムを販売していた形跡があることで有名。

 

ダークウェブで最もよく知られた存在は3つ。Dream、Point、そしてWall Street Marketである。この3つのサイトから、TOP10VPNのエキスパートが数万件の案件をレビューして価格指標を作成した。

 

最も高い金額がついているジャンルは個人金融情報。オンラインバンキングの詳細データは1件168ポンド、クレジットカード情報は1件57ポンドで売買されている。

 

ついで本人確認情報(ID)が高く、社会保障番号などのIDデータは46ポンド、パスポートは40ポンドとなっている。

 

ハッカーはいとも簡単に個人情報や金融情報をハッキングし、ダークウェブで売買している。

1803

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34110780

ダークウェブの個人情報価格を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart