« ベネズエラ仮想通貨で米ロ対決 | メイン | Apple PayシリコンVで利用促進 »

2018年3月29日 (木)

航空業界もPSD2で独自決済

2018年1月に欧州で施行されたPSD2は、決済業界に大きな変革をもたらしているが、航空業界の決済も変えようとしている。PSD2は金融機関のAPI公開と、データやトランザクション情報のシェアを義務づけたもの。

 

IATA(国際航空運輸協会)は欧州における新しい決済プロセスをテストしていると発表した。清算システムをこれまでより格段に速く、透明性の高いものにし、航空サービス利用者の利便性を高めるためである。

 

英国やEUは銀行間リアルタイム決済サービスを提供しているが、金融機関以外も利用できるようになったため、IATAも新たな支払い方法について検討を開始した。

 

リアルタイム決済ネットワークに接続すれば、その効果は80億ドルを超えると予測されている。これまでカード手数料やチャージバック費用、不正対策費用としてカード会社へ支払っていた額を削減できるからである。

Iata

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34112747

航空業界もPSD2で独自決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart