« 投資フィンテックが銀行サービス開始 | メイン | ズオラIPO株価1.4倍 »

2018年4月21日 (土)

ピークを過ぎた仮想通貨

2017年12月に2万ドルをつけたビットコインが冴えない。英国のバークレイズ銀行は、仮想通貨ブームはピークを過ぎたとレポートした。

 

バークレイズが使った予測モデルは、仮想通貨投資家の人数をベースに、感染症の広がりをあてはめたもの。

 

仮想通貨熱に感染している人、感染してはいないが脆弱な人、仮想通貨熱に免疫をもっている人を比較するユニークなモデルだ。

 

仮想通貨の価格はニュースやソーシャルメディア、口コミの影響で上昇する。しかし、多くの人が仮想通貨の保有者になれば、買い手が減り、売り手が増加する。

 

そうなれば、価格は下がりはじめ、指数関数的に価格が下落、投機的な売り圧力が誘発される。これは免疫学と類似性がある。

 

バークレイズはこのモデルを使って仮想通貨の予測。投機的な仮想通貨バブルはピークを迎えたという結論となった。

Peakoutcrypto

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34121692

ピークを過ぎた仮想通貨を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart