« AT&TがIoTボタン開発 | メイン | メンタルヘルスで攻める銀行 »

2018年5月29日 (火)

GrabがMウォレット開始

東南アジアで配車サービスを展開するグラブ(Grab)が、モバイルウォレットGrabPayを受け付けるリアル店舗を拡充することになった。

 

2017年末、グラブはマレーシア中央銀行から電子マネーのライセンスを取得。GrabPay(グラブペイ)の名称で、配車以外に金融サービスを拡充すると発表していた。

 

今回、マレーシア最大の銀行メイバンク(Maybank)と提携し、モバイルウォレットのβテストを実施することになった。

 

メイバンクは自社マーチャントでGrabPayを受け付ける。逆にGrabPayはメイバンクが推進するQRPayを受け付ける。

 

加えて、メイバンクのインターネットバンキングからGrabPayのウォレットに入金できるようになる。メイバンクの顧客は、乗車やその他のサービスにGrabPayを利用すれば、特典やリウォーズがもらえる。

Grabsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34127425

GrabがMウォレット開始を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart