« ドイツ銀行が買収したFinTech | メイン | ダンスケ銀行がPFMへ投資 »

2018年5月23日 (水)

LCまたまたスキャンダル

FinTechブームを創出したレンディングクラブがまたまた不祥事を引き起こした。またまたというのは、今回がはじめてではないということ。

 

前回は債権内容を偽って投資家に販売したトラブル。今回は消費者に偽りのメッセージを発信したというスキャンダルである。

 

連邦取引委員会(FTC)は、レンディングクラブは消費者を不正行為や欺瞞的行為から守る連邦法に違反しているとして、訴えたのである。

 

レンディングクラブは利用者に対し、表に出ない手数料はない、と約束していたが、実際には一人当たり数百ドルから数千ドルの手数料をとっていた。

 

申込者に対し、投資家がついているから大丈夫とコミットしたにも関わらず、融資を実行しなかったケースもある。あるいは、二重に約定金額を徴求していた。

 

収益を上げるためにはなんでもする。たとえコンプライアンス違反でも。そんな体質がレンディングクラブにはある。FinTechの魁は、欺瞞と不正が産んだ徒花だったのか。

Lendssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34126483

LCまたまたスキャンダルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart