« Paytmがリカーリング決済開始 | メイン | ウェルズファーゴが再創業 »

2018年5月19日 (土)

甘い汁を吸うのはどっち?

WSジャーナルによると、アップルはゴールドマンサックスと提携し、2019年にクレジットカードを発行するようだ。Apple Payに連携するプラスチックカードである。

 

なぜこのタイミングでアップルは自社のクレジットカードを発行する必要があるのか。Apple Payは多様なカードと連携できるのが特徴だったはず。

 

アップルは収益に執着心があるようだ。現在米国では、Apple Payを利用するカード発行会社から取扱高の0.15%をもらっている。ゴールドマンの提案はこれより高い手数料を払うというものらしい。

 

とともに、アップルの売り上げにも貢献する。Apple MusicやApple TVなどのサブスクリプション売上を、このクレジットカードで拡大しようという狙いだ。

 

アップルは独自で金融収益を増やすのではなく、ゴールドマンと組んだほうが早いとみた。ゴールドマンの目論見は金利収益。クレジットカードのリボルビング残高をアップル製品の購入やサービスの利用によって、積み上げようという算段だ。

Appsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34126298

甘い汁を吸うのはどっち?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart