« Visaシステムダウンでパニック | メイン | Gマンがリードしたフィンテック »

2018年6月 6日 (水)

喜びの鐘を鳴らすChime

サンフランシスコに本拠を構えるチャイム(Chime)が、7,000万ドル(80億円弱)を調達した。今回はシリーズCラウンドで、リードしたのはMenlo Ventures。

 

チャイムの創業は2013年。本格的にサービスを開始したのは2016年初頭から。今回を含めこれまで6回のラウンドで1億1,250万ドルを調達し、時価総額は5億ドルになった。

 

コンセプトは健全な金融生活をリードすること。対象はミレニアルズで、既存銀行の手数料の高さにうんざりしている人たち。

 

チャイムは通常の銀行が徴求する手数料をほとんどカット。オーバードラフト手数料なし、口座維持手数料なし、クロスボーダー取引手数料なし、ミニマム残高手数料なし、としている。

 

2018年5月現在、稼働口座数は100万を突破。毎月10万口座を新規獲得しているという。これまでの総取扱高は45億ドル。2018年末までに10億ドルに達する見込みだ。

Chinaaa

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34128742

喜びの鐘を鳴らすChimeを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart