« アマゾンワードローブ全米展開へ | メイン | SoFiモバイル当座預金口座の狙い »

2018年6月30日 (土)

ペイパルの協調的買収

ペイパルがまたまた買収を発表した。今度のターゲットは、リスクマネジメントのフィンテックだ。

 

その名はシミリティ(Simility)。2014年5月1日の創業で、本社はパロアルト。

 

シミリティはこれまで4回のラウンドで2,470万ドルを調達している。直近のシリーズBラウンド(2017年12月)では、ペイパルも投資家として参加している。

 

この半年間シミリティの詳細を投資家として評価し、今回の買収となったのだろう。買収額は1.2億ドルで、現金での支払いとなる。

 

5月以降、アイゼトル、ジェットロア、ハイパーウォレット、そして今回のシミリティと次々に買収しているが、その狙いは何か。ビルレディ(Bill Ready)COOは、PayPal Storiesで次のように語っている。

 

「(ペイパルが)グローバルコマースのワンストップソリューションになるために、マーチャントに提供できる一連のサービスを強化する協調的な取り組みの一環である」と。

 

協調的な取り組みとは、音楽バンドのメンバー集めのようなもの。マーチャントのコマース拡大のために必要なピースを、買収によって集めているのである。

Paysss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34131753

ペイパルの協調的買収を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart