« QRの次はMコード? | メイン | PayPalがGoogleと親密 »

2018年6月 1日 (金)

延滞率UPもAエフェクト

百貨店や大手スーパーが発行しているストアクレジットカード(国際ブランドがつかないクレジットカード)の延滞率が急上昇している。

 

米国個人信用情報センターのエキファックスによると、2018年4月の延滞率は3月から57ベーシスポイント増え、4.65%になった。2011年以来、最も高いレベルにある。

 

ストアクレカによるリボルビング残高は前年同月から0.8%増えて、817億ドル(9兆円弱)になっている。

 

なぜ延滞が増えているのか。主な理由は店舗閉鎖だ。本来その店で使えるはずだったカードが使えない。ならば、返済する義務もない。そう考える利用者が多いからだという。

 

これは消費者の思い違い。延滞は個人信用情報センターに記録され、消費者のクレジットスコアを傷つける。

 

アマゾンエフェクトは、ストアクレカにも影響をおよぼしている。

 

Delsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34127610

延滞率UPもAエフェクトを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart