« アントが140億ドル調達でIPOへ | メイン | IoTで4億アクセプタンス »

2018年6月16日 (土)

相互開放でXボーダー送金決済

国家主導の即時送金決済ネットワークが、クロスボーダー連携へ拡大している。タイとシンガポールが連携したが、今度はインドとシンガポールの政府当局が自国決済システムを相互開放し、クロスボーダー送金をスタートすることになった。

 

相互開放するのは、インドの即時送金決済ネットワークのIMPSと、シンガポールのPayNow。IMPSを運営するNPCIと、PayNowを運営するNETSが提携した。

 

両ネットワークの接続で、インド人はインド政府が推進するRuPayをシンガポールのNETS加盟店で使え、シンガポール人はNETSカードをインドのRuPay加盟店で使える。

今後自国決済ネットワークの相互開放は急速に拡大しそうだ。国際ブランドカードは危機感を募らせるばかりである。

Xsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34130314

相互開放でXボーダー送金決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart