« 中国5億人強がモバイル決済 | メイン | Alexaが企業情報提供 »

2018年7月29日 (日)

米国ACH過去最高の伸び

米国で銀行口座間の送金や引落しが伸びている。2018年第2四半期の取扱件数は前年同期より6.2%伸びて、57億件となった。

 

発表したのは電子決済協会のNACHA。この伸びは2008年以降で最高だった。

 

口座引落は33億件、銀行送金は24億件。最も多かったのが給与振込で17億件だ。ついでインターネット送金が15億件。以下B2Bが8.89億件、P2Pが2,940万件、同日決済(Same Day ACH)が4,090万件とつづく。

 

同日決済を分解すると、2,100万件が送金、約2,000万件が口座引落しだった。

 

成長率で最も高かったのは、同日決済で243%の伸び。ついでP2Pが24.1%、インターネット送金が14.3%だった。利用者は決済のスピードを求めている。

Achsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34137538

米国ACH過去最高の伸びを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart