« SoFiモバイル当座預金口座の狙い | メイン | 企業決済キャッシュレスにPayNow »

2018年7月 2日 (月)

最高裁でAmex勝利

Amexの加盟店は、Amexカード利用者に対し、VisaやMastercardなど他社クレジットカードを勧めることはできない。このAmexのマーチャント規定は連邦法に抵触するのではないか。

 

連邦政府といくつかの州がAmexを提訴していたが、最高裁でAmexが勝った。5対4のきわどい勝利ではあった。

 

勝因は「Amexのビジネスモデルは、ブランド間競争を促進し、クレジットカードトランザクションの品質と件数を増やした」ことであった。

 

Amexの加盟店手数料はVisaやMastercardに比べて高い。それはAmexが高額利用者をマーチャントに送客しているからだ。

 

マーチャントからの手数料で、Amexは利用者のインセンティブをまかなっている。だから高額利用者が多い。このビジネスモデルを最高裁は評価したのである。

 

マーチャントはとかく安い手数料を求めたがる。しかし高いサービス品質求めるのであれば、コストとして認識する必要がある。

Amexsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34132277

最高裁でAmex勝利を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart