« 企業決済キャッシュレスにPayNow | メイン | AmexがアマゾンとSMB »

2018年7月 4日 (水)

JD.comフェスティバルの経済効果

JD.comのビッグイベント618が大成功をおさめた。Coresight Researchによると、6月1日から18日までのショッピングフェスティバル取扱高は246億ドル(2.7兆円)に達した。前年対比37%増である。

 

売上を牽引したカテゴリーは、モバイル機器、PC、エアコン、電子機器、食品だった。

 

このイベントには50万店のリアル店舗も参加。6月18日の売上は飛躍的に伸びた。中国ウォルマートも参加したが、前年対比4倍の売上を記録。Yonghuiスーパーは前年対比5倍、Century Lianhuaは7倍と急伸した。

 

6月18日のJD.comのモバイル経由の売上は30秒間に1,550万ドル。8秒間に1万件を記録した。

Jdss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34132284

JD.comフェスティバルの経済効果を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart