« Zelleの利用者像が明らかに | メイン | eBayがOLショップ向け融資開始 »

2018年7月25日 (水)

チェックアウトに絵文字

7月17日は「世界絵文字デー」だった。アップルはこれに先駆け、70種類以上の新しい絵文字を発表した。

 

米国大手流通のターゲットは、セルフチェックアウトに絵文字を採用。購入商品を文字ではなく絵文字で確認し、間違いをなくすのが目的だ。

 

ターゲットは2014年にセルフチェックアウトをローンチしているが、もっと簡単に購入商品を確認する方法はないかという顧客からの声が多かった。

 

ターゲットのテクニカルチームは、果物や野菜をもっと簡単に確認し購入できるよう、絵文字を導入することになった。

 

現在ほとんどのターゲットストアで、絵文字入りのカテゴリーで商品を検索できるようになっている。絵文字を最初に開発したのはdocomoである。日本発の絵文字が世界中で使われている。

Targetsssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34136655

チェックアウトに絵文字を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart