« Lyftがバイクシェア買収へ | メイン | ポーランドでApple Pay大人気 »

2018年7月11日 (水)

カリフォルニアで新データ保護法

2018年6月28日、カリフォルニアで新データプライバシー法が議会を通過した。カリフォルニア住民のためのデジタルデータ権を規定したものである。

 

欧州ではこの6月、一般データ保護規則(GDPR)が施行された。カリフォルニアの新法はこれより緩やかな規制になっている。

 

  • 2020年1月完全施行
  • オプトアウト権
  • 広範な対象
  • データポータビリティなし
  • データ消去権
  • データ透明権

 

の6つがポイント。

 

個人データを活用している企業にとって、法案の通過は注目の的だった。GDPRより緩やかな規制となっていることで、ほっと一息ついているかもしれない。

Calss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34134044

カリフォルニアで新データ保護法を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart