« Chase PayでSamsung Pay | メイン | 規制緩和で全米規模のフィンテックが容易に »

2018年8月 6日 (月)

法人カード50周年で変わったこと

英国ではじめて法人クレジットカードを発行したのはバークレイズである。今から50年前の1968年だった。これを記念に法人カードについての調査を実施。その結果を発表した。

 

この50年間で変わったことは、法人経費で支払えるアイテム数が減っているということである。経費節減が厳しくなっているようだ。

 

1980年代と1990年代、旅行関連経費の半分はホテル代だった。現在はそれが4分の1に減少している。

 

航空チケット代も大きく減少。ピークは1990年代と2000年代だった。現在はそれが12%まで減少している。

 

代わって少額の決済が増えている。これまでは現金で買っていた商品である。少額決済ができるインフラが整備されてきたということだ。法人経費でもキャッシュレスが進んでいる。

Barklays

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34138310

法人カード50周年で変わったことを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart