« 中国アントがアフリカ大陸へ | メイン | Squareで2秒 »

2018年8月23日 (木)

中国EC過半がモバイル決済

調査会社のグローバルデータ(GlobalData)は、アジアパシフィックのEコマース市場について調査。2018年の市場規模は1.6兆ドルになると予測した。2022年には2.3兆ドルになるという。

 

2018年第1四半期の決済手段で最も多く利用されたのは、モバイル決済などのオルタナティブ決済。シェアは51%で、前年同期は49%だった。

 

クレジットやデビットカードの比率は28%とモバイル決済などの約半分。銀行送金は2017年第1四半期の13%から伸びて15%になった。

 

現金や小切手は2017年の11%から2018年第1四半期には6%に減少している。

 

中国に特化すると、Eコマースで最もよく使われているのはオルタナティブ決済で53%。このうちAlipayのシェアは41%と群を抜いている。ついでWeChat Payが7.1%だった。両者あわせて48.1%。

 

銀聯カードなどは27%とモバイル決済の後塵を拝している。銀行送金は15%、現金や小切手は5%だった。

Chinasss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34139995

中国EC過半がモバイル決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart