« PayPalのP2P送金堅調 | メイン | BC地下鉄Tap to Pay2カ月で100万回 »

2018年8月 2日 (木)

KrogerがVisaクレカ受付禁止

米国最大手のスーパーチェーンであるクロガー(Kroger)は、Visaクレジットカードの受付をストップする。まずは8月14日から、カリフォルニア州のFood Co.21店舗と5カ所の給油所で。

 

理由は高い手数料。米国マーチャントは毎年900億ドル(10兆円)を超えるカード手数料を払っている。クロガーが払っているのはその一部だが、その削減が狙いだ。

 

「Visaのレートと手数料はクレジットカードブランドの中で最も高い」とクロガーのFood Co.はコメントしている。削減分は消費者へ還元する。

クロガーの今回の措置は、値引交渉の常套手段とみられても仕方がない。これもアマゾンエフェクトなのか。

Krogersss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34138135

KrogerがVisaクレカ受付禁止を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart