« 法人モバイル決済もPayNow | メイン | 中国EC過半がモバイル決済 »

2018年8月22日 (水)

中国アントがアフリカ大陸へ

アリババグループの金融部隊であるアントフィナンシャルは、アフリカ市場へ本格的に参入することになった。テーマは金融包摂(Financial Inclusion)である。

 

同社は国際金融公社とともに、国連アフリカ経済委員会(ECA)と提携し、投資と技術支援を通じてアフリカ大陸でのデジタル金融包摂を推進する。

アリババグループは2036年までに20億人の稼働顧客を抱える経済圏構想を打ち出している。アフリカ大陸はいま、人口が急増。現在12.5億人の人口は2050年までに25億人になると予測されている。

 

中国、インド、東南アジアを征しつつあるアリババグループ。その先兵役を買って出ているのがアントフィナンシャルである。次のターゲットはアフリカ大陸だ。

Antsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34139991

中国アントがアフリカ大陸へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart