« ノードストロムのデジタル変革 | メイン | 社用経費の立て替え問題解決策 »

2018年8月27日 (月)

米国デビット手数料減少

米国デビットカード発行者手数料(インターチェンジ)が、2017年は減少した。2010年Durbin Amendmentによって約3分の1にカットされたデビットカード発行者手数料が自然減となった。

 

発表したのはFED。資産100億ドル以上の大手カード発行者の2017年インターチェンジは平均22セントで、2013年から続いていた平均23セントから1セント減少した。

 

これはサインデビットと呼ばれるデュアルメッセージのデビットカード発行者手数料である。シングルメッセージの手数料は24セントだった。2012年から変わっていない。

 

なぜ減少したのか。大手小売の手数料の下げ圧力が強まっているからである。大手小売はシングルメッセージになびいていた。それを引き戻したのがVisaやMastercardだった。競争原理から減少したと考えられる。

Debitssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34140698

米国デビット手数料減少を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart